太古から未来へ・・・ 『ANASAZI』陶の造形

§ 「 Captured Cocoon on Fire 」(3)

これが燃えた翌日の、錆びる前の状態です。
熱でワイヤーも曲がってしまい、繭の部分もへしゃげています。 

125m.jpg

125m (1)

2015/01/29/Thu 19:43:56  On Fire/CM:0/TB:0/

§ 「 Captured Cocoon on Fire 」(2)

これが作品を燃やした後の、暫く経ってからの光景です。
表面を覆っていたスチールウールが、錆び始めています。

125l.jpg

125l (1)




2015/01/24/Sat 22:13:57  On Fire/CM:0/TB:0/

§ 「 Captured Cocoon on Fire 」(1)

Captured Cocoon に着火した様子です。
燃えている時も作品、というかリアルタイムで変貌していく
模様が面白く、この次期よく火を使用しました。

125k.jpg

125k (1)

125k (2)

2015/01/23/Fri 09:24:38  On Fire/CM:0/TB:0/

§ 「 Captured Cocoon 」

これは以前制作した作品です。色が飛んで見にくいですが、
上の長細い繭状のものが、捕獲されたイメージです。

125h.jpg
 
125h (2)

125h (1)

2015/01/22/Thu 14:26:01  On Fire/CM:0/TB:0/

§ Construction ⇔ Destruction (3)

この辺が、燃えている作品の終焉に近い部分です。
火によって消失する一方で、今まで見えなかった
内部の部分がむき出しになります。

124e (1)

124e (2)

2014/10/11/Sat 19:39:42  On Fire/CM:0/TB:0/
MAIN / NEXT
copyright © 2006 太古から未来へ・・・ 『ANASAZI』陶の造形. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房